おにぎりの謎「俺たちつき合ってないから」宮崎摩耶、山崎智史 6話 ネタバレ感想レビュー

俺たちつき合ってないから
スポンサーリンク

わんばんこ!!

コマンタレヴ~☆

前回はゆりかがついにカードローンに手を出しちゃう所で終わったわね。

雲行きがだんだん怪しくなってきたわね…

今回それが雪だるま式で増えていく様を見せられるのかしらとドキドキしてるわ、私。

もう不安で居た堪れないから早速見ていきましょう…!

前回のレビュー↓

ゼツのリン「俺たちつき合ってないから」宮崎摩耶、山崎智史 5話 ネタバレ感想レビュー
ぼんそわ~~~~☆ 今日は悲しい気分だから明るくできないわ、ペパー。 あら、どうしちゃったのよミント? 愛しのパリで悲しい事件があったの。だから今日は少し落ち込んでるのよ。 ぜひとも早く立ち直って欲しいわ。 Oh…そうだったわ…実...

 

1巻の無料立ち読みはコチラ

 

スポンサーリンク

ネタバレあらすじと感想

「先行投資」の名のもとについにカードローンで10万円を引き出したゆりか。それを軍資金に靴やアクセサリーなどを購入した上、さらにリボ払いにも手を出してしまう。母には電話で「彼氏がいる」と嘘をつき、高級ホテルで食事をすることをSNSで自慢。早くもすっかり勝ち組気分に浸っていた。

お母さんからの電話を聞く限り…やっぱり毒親よね。

お見合いを勧めるくだりは、母として心配なのかと思って読んでたんだけど、着地が「お母さんの介護は…」だったから、あれ?ってなったわ。

そうなのよ。

ゆりかがこんなになっちゃったのも家庭環境が関係してそうね。

そうね。親子関係の影響で少し人に対する感覚が歪んでしまったかもしれないわね。

利用されることに疎くなってしまった。

利用されてることに気づかない。

それと、あれだけ意を決して手を出したカードローンの10万円。結局、10万じゃ足りない…!とかなってたけど

ゆりか計算できなさすぎよね

レジで足りないことに気づくっていうのはヤバいわよね

早速借金が増えてるわ

靴・バッグ・アクセサリーに加えて、下着も買ってたけど

全て、いいものを買おうとするとかなりの値段になるものばかりよね

インスタの自慢投稿も痛々しいわ。

え、3つ星!?ってなったのは私だけではないはず

え、どうして?

3つ星ってたぶんビジネスホテルくらいじゃないかしら

あら、あたしミシュ〇ンの3つ星レストランって意味かと思っちゃったわ

グランドハイ〇ットはたぶん5つ星くらいじゃないかしら

あー!なるほど!!ミシュ〇ンかもしれないわ確かに!

やだ失礼。

でもゆりかあんまり考えずに投稿してそうだから、間違えてる可能性もあるわよ。

そうね。果たしてどちらなのかしら。

あとね、ペパー。

なあに?

アタシとっても気になるセリフがあったんだけど

「男を見る目だけはあると思ってる」

えーーーーーーーーー

あーーーーーーーーーー

壮大なる勘違い…!

あほの子ゆりか…

過去の彼氏も割と浮気ばかりする人たちだったみたいだし

そうそう

一体なぜそんな自信を持ってしまったの…

今狙ってる男性は、本名すら知らないって。

ほんとよね…ゆりか…

 なんかもう…歯がゆいわ。目を覚ませ!と氷水をぶっかけたいぐらいよ。

次行きましょ!次!

そこへピュンピュンからの突然の電話。なんと急な仕事で出張となってしまい、横浜まで来れないかという打診だった。後にはひけず「行きます!」と宣言し、バッチリメイクで家を出た。

「会えるかどうかは君次第」的な事を言われてたけど、全然大切にされてないのがビッシビッシ伝わってくるわね。

アタシもそこが一番ひっかかったわ…いや違うでしょって

ゆりかが何処にいるのかわからないけど、電車代も心配よね。

横浜までって。

「本当は都内の高級ホテルでと思ってたんだけど…」みたいなことをピュンピュンが言ってるから、東京じゃないかしら

ゆりかが自分のスケジュール帳を確認するコマがあるんだけど、そのスケジュール帳が結構まじめに勤務時間とか書いてて萌えたわ。

たしかに、しっかり手帳を持っていること自体がなんか素敵よね

スマホ管理じゃないんだっていう

次の日、久しぶりの声の仕事が入ってて、だから万全の状態で遅刻もせずに行きたい。って考えてたのにちょっとキュンと来たわ。

でも結局は万全な状態で行くことは犠牲にしちゃうんだけどね…

そうね…。

本当はいい子なのよ

そうなのよ!

素直で真面目でいい子。だからこそ騙されやすい部分もあるかもしれないわ。

終電調べておかなきゃ、と焦る様子とか可愛いわよね。真面目で。

そうね…ああ…母親ゴコロで見てしまうわ…

横浜へと出発したゆりかは突然の豪雨に襲われ、滴るほどずぶぬれに。濡れたまま電車に揺られていると孤独感にかられ、ゆりかは思わず涙を流す。

ずぶ濡れで電車に乗って、ピュンピュンから「取引先の人と食べる事になった」とか言われて夕飯すら一緒に食べられなくて…

それでも引けない!ってなるのはわかったんだけど

うんうん

その場で、なぜかコンビニの半額おにぎりを取り出して食べだしたのはびっくりしたわ。

何故おにぎりをカバンに忍ばせてたの!?

ピュンピュンから晩ご飯一緒に食べられないって連絡が入ったのは電話に乗ってからだったから

最初から持っていたことに…!

今から夕ご飯食べに行く人が、気合入れて買った高級バッグに半額おにぎり忍ばせるかしら?

ぜっったいに入れたくないわ、アタシなら

匂いとかついたらイヤだもの

そうよね。

しかもリボ払いまでして無理して買ったのに

極力汚さないものしか入れたくないわ

匂いもそうだし、ノリがぽろぽろカバンの中にこぼれたりしたら最悪よ。

イヤーーーーー

ちょっとこの展開不自然よね。

あと、ゆりかの涙なんだけど、これはどういう気持ちなのかしら

なんだか、ところどころ、強気なゆりかが弱音を吐いたりネガティブ思考になる箇所があるのよね

例えば、横浜行くのでも「会って間もない男に横浜に呼び出されてホイホイ向かう女って…」とか

確かに!自虐的よね。

強気と弱気、自信と不安を行ったり来たりしてる気がするわ

本当はどこかで気づいてるんじゃないかって思ってしまうのよね

ただ、夢から覚めたくない気持ちが強すぎて直視できない

だからよ…だから、なんとなく予測してておにぎりを忍ばせてたのよ…

おにぎりへのこだわり!w

その頃、ピュンピュンは別の女性とベッドを共にしていた。事を終え、女性がホテルを後にすると同時に、ゆりかに「ホテル光」に来るよう指示。調べるとそれはラブホテルだった。

本当ピュンピュンてダメね。ラブホテルに呼びつけるなんて。

高級ホテルでディナー ⇒ ラブホテル(ひとりおにぎり)

落差すごすぎ!

色んな理屈をつけてこの急カーブを実現するピュンピュンは凄いわ

結果、ピュンピュンの出費ほとんどゼロ

ビジネスホテルでいいじゃないの?ねえ。なぜわざわざラブホテルなのよ!

しかもピュンピュンはすでに一戦交え済み。すごい体力ね。

あと、アタシは肉まんのくだりに怒りを覚えたわ!

あー!

「俺、ゆりかちゃんのために中華街で肉まん買ってきたよ」

女がピュンピュンに渡した肉まんなのにね!

そして肉まんを買ってきてくれた事に歓喜するゆりかが哀れ…

しかも、仮に女にもらったものでなかったとしても、年収3000万ならもうちょっと何かなかったのか!

なぜ不審に思わないのゆりか…

せめてお高めなワインを一本買ってきて欲しいわ

それにほかの乗客が気の毒よ。ずぶ濡れで入ってきた女が、おにぎり食べて泣いたかと思ったら、「肉まん」とつぶやいてまた泣いてるとか怖すぎるわ。

たしかに…いきなり暴れ出すんじゃないかと不安になるわね…

 

今回はそんなところかしら?

今回は結構見てて辛い回だったわねー

そうね…胸が痛んだわ

次回はやっとピュンピュンと再会かしら?

ピュンピュンの超絶テクニックが見れちゃうのかしら?

なにせラブホテルだしね!

そうね…そこには期待だわ!

では、エンジェル達、おやすみね!

でわでわ、可愛い子羊たち、アビアントー☆

 

1巻の無料立ち読みはコチラ

次(7話)の感想↓

あの由来が明らかに「俺たちつき合ってないから」宮崎摩耶、山崎智史 7話 ネタバレ感想レビュー
ボンソワー☆ 今日も素敵な夜ね★ さて、前回は高級ホテルでディナーの予定が、横浜の格安ラブホテルにゆりかが呼び出された所で終わったわね。 改めて文字にすると本当に悲惨ね これが1巻最終話という事もあって、ちょっと緊張しちゃうわね ...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました