新幹線内で、ベビーカーがないと大人しくできない1歳児を連れて、少しでも快適に過ごす方法

育児の覚書
スポンサーリンク

こんばんは!

 

先日、事情があって、

2歳1歳連れて家族で新幹線乗って、

遠出してきました。

 

我が家は、私の実家が遠方にある為、

ちょくちょく新幹線を利用する機会があります。

 

いかに3時間程度を乗り切るか、

色々試してきたので、

今日はそれを書いてみたいと思います。

 

うちの子の場合、

ベビーカーがないと大人しく

一か所に留まれないので、

『ベビーカー有』の場合として書きます。

 

ちなみにこれは、

「N700系」「700系」の新幹線の話です。

それ以外は分かりません。

 

スポンサーリンク

ベビーカーに座らせたまま過ごす方法

 

これは2種類しかないと思います。

 

ベビーカーをそのまま置ける席を利用する

 

それが、2席ほどあるんですね。

 

sea_bod_img_11

JR東海公式サイトより)

 

この、12A,12Bの横と、

13A,13Bの横です。

 

ただ、この図を見てもらってもわかるように、

「車椅子の方用のスペース」なんです。

 

ただ、当日車椅子の方がいらっしゃらなかったら、

利用できるとの事でした。

 

長男が、ちょうど今の次男のように、

ベビーカーに拘束していないと、

落ち着きなくじっとしていられなかった時期。

事前に予約する際に、

「12A,Bか、13A,Bの席を取れないか」

チケットカウンターの方に聞いてみました所、

上記の理由から、予約は出来ないとの説明を受けました。

 

ただ、

「その近くの席を取っておきましょうか?

その場で車掌に言ってもらえたら、

該当する席が空いているか調べて、

空いていたら座席変更可能ですよ。」

 

と提案してもらえたので、

いざという時に移動しやすいように、

11号車の近くの席を取ってもらいました。

 

そして当日……

 

見た感じ、席は空いているっぽい……

 

車掌さんに聞いてみよう、と車掌さんを探しに行ったら、

なかなか捕まらず大変でしたが、

その日その時間には、

該当する席は空いているとの事で、

無事席を変更してもらい、

ベビーカーに長男を拘束した状態で過ごす事が出来ました。

 

ただ、上記のような方法は、

確実ではありません。

 

もし、12A,Bか、13A,Bが空いていなかったら、

結局ベビーカーから降ろして席に座るか、

新幹線の連結部分へ行くしかありません。

 

連結部分で過ごす

 

うちの子は

ひとたびベビーカーから降ろすと、

大人しく一か所に留まる事が出来ないので、

普通に席に座る事は出来ません。

 

よって、必然的に

 

「連結部分で過ごす」

 

となります。

やっぱり、普通の座席で子供が騒ぐと、

周りに迷惑だからね……。

 

最近新幹線に乗った時は、

旦那と長男は自由席の空いた席に2人で座って、

私と次男は連結部分に約3時間ずっといました。

 

ずっと立った状態だとしんどいので、

かなり硬くて丈夫なキャリーバッグを持って行って、

しんどくなったら軽く腰掛けられるようにしました。

 

私の場合、腰掛ける専用のものではないので、

あまりよくなかったかもしれませんが、

普通に腰を掛ける用途で売られている、

キャリーバッグありますよね。

「キャリーバッグ 腰掛け」とかで検索するとかなり色々出てきます。

 

それだけで連結部分でも大分楽に過ごせます。

 

あ、ただ、連結部分も、

狭い所もあるので、

広い所を選んで、

通行する人や、

乗降する人たちの妨げにならないようには注意します。

(自由席なら、1号車と2号車の間とか、

3号車と4号車の間とか。

指定席なら、それこそ11号車と12号車の間は、

多目的ルームもあるしかなり広めにとられてます。)

 

それでもやっぱりしんどいはしんどいので、

出来るだけベビーカーから降ろして、

子供と一緒に席に座れた方がいいと思います。

 

思うんですけどね…

なかなか難しいです。

 

連結部分には、赤ちゃん抱っこしたり、

小さい子供連れのお父さんお母さんが結構来られるので、

皆苦労しているなあと妙に仲間意識わきます。笑

 

新幹線内の過ごし方

 

これは色々皆苦労されてるのではないでしょうか。

 

食べさせる

 

食べている間は大人しいので、

まあまあ時間がかかるものを与えて、

時間稼ぎ。

これはかなり重要です。

うまく行けば30分~1時間ぐらいはなんだかんだ、

食べててくれるかも。

これは普通にベビーカーから降ろして、

座席でも出来る事かも。

 

昼寝させる

 

これ、すごく重要ですよね。

 

いつも昼寝している時間からずれて、

子供が眠くない状態で新幹線乗ってしまうと

約3時間地獄です。

 

ベビーカーに乗せて拘束している状態でも、

降りたがって大騒ぎになるので、

可能な限り、

子供が寝る時間とかぶるようにした方がいいなと

身をもって体験しました…。

 

それで寝かしても、

絶対3時間寝続けるって事はなくて、

途中で起きるのでそこからがまた大変だけど、

1時間でも、30分でも何も考えなくていい時間が出来るのは有難い!

 

おもちゃや絵本を使う

 

うちの子達はこれあまり効かなかったんですけどね…

おもちゃも絵本も家にいる時は、

一か所でじーっと遊んだり読んだりもするのに、

新幹線だと他に興味がわくからか、すぐに飽きて放り出してしまうので。

でも、ないよりはあった方が、

多少でも時間は持ちます!

 

おんぶ紐、だっこ紐を使ってウロウロ

 

それでも時間が持たなくて、

わーわーなりだしたら、

エルゴ等の抱っこひも、おんぶ紐を使って、

連結部分をちょっとウロウロします。

 

これまた不思議なんですが、

普通に抱っこすると、

グリングリンと暴れて降りようとして

キャアアアアアと叫ぶんですが、

何故かおんぶ紐とかでしっかりホールドすると、

大人しくしてたりします。

暴れても無理なのが分かってるからなんでしょうか。

 

最後に

 

正直、新幹線はしんどくて

乗るのは憂鬱です。

 

でも一つ希望が。

 

1年前、

長男が1歳の頃は、

今の次男と同じように

ベビーカーから降りると、

全く一か所に留まる事が出来ませんでした。

なんとか席でご飯食べさせて、

おもちゃで遊ばせても、

すぐに飽きて何処かへ行こうとして、

それを止めようとすると泣いたり喚いたりでした。

 

0歳の次男をおんぶして、

長男1歳をベビーカーに乗せて、

連結部分で過ごした事覚えてます。

 

それが、1年たって、

長男も2歳半越えてから、

先日新幹線に乗ったら、

長男は約3時間ずっと大人しく座席で座っていたんです。

 

たった1年でこう変わるのかと感心したものです。

 

だから、もしかしたら次男も

後1年程で変わるかもしれないので、

それまでは、なんとか頑張りたいと思います。

 

それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました