怒らない、叱らない育児実践記3日目~私の『注意の仕方』は子供に「恐怖」を与えている?どうすべきか相談してみた

育児の覚書
スポンサーリンク

こんばんは!

 

叱らない、怒らない育児 実践3日目です!

 

スポンサーリンク

本日の結果は?

 

本日はですね…

 

1回も怒鳴らずに済みました!!!

 

かなりヤバい時もあったけど、

なんとかグッと堪える事が出来ました。

 

彼らの朝寝時に、

一緒に寝なかったので、

常に頭が働いている状態だったのが、

良かったのかも。

 

後は、長男がいつもより早い時間に

こてっと寝てしまったからというのもあるかも。

夕方から寝るまでの間に興奮おふざけモードに入るのでね…。

 

注意の仕方について聞いてみた

 

昨日、

子供が興奮してふざけてる時に、

一端すべての行動を辞めさせて、

自分の傍に来させて、

目線を合わせて、

懇々と注意や話をする というのは、

ただ怒鳴ってないだけで、

恐怖を与える行為なんじゃないかと、

旦那に指摘を受けたので、

(参照「怒らない、叱らない育児実践記2日目~寝起きにイライラを抑える事が出来ずに…」)

怒らない育児の講座をしてくれた、

子育て支援施設のスタッフさんに、

本日聞いてみました。

 

そしたら、

 

「子供がふざけている状態で、

お母さんも頭に血が上っている状態だと、

まともに話したり、

聞いたりできないから、

一度、子供も、

お母さんも落ち着いて、

一呼吸おいて、

話をする方法を考えなくてはいけないんですよ。

だから、

その方法はとってもいいと思いますよ。」

 

と言ってもらえました。

 

それ以外の方法が今のところ思いつかないので、

そう言ってもらえてホッとしました…。

 

そして確かに、

子供を別の場所へ移して、

目線を子供に合わせて…

っていう一連の動作で、

私自身のイライラ感も落ち着きます。

 

子供だけ落ち着けばいいっていう事ではないんですね。

 

 

とりあえず、

今後もその方針でやっていこうと思います。

 

あまり固く考えないように

 

そして、

私があまりにあーだこーだ聞くからか、

 

「たまには怒鳴る事があってもいいんですよ。

ちょっと『気を付ける』だけでいいんですよ。」

 

とも言われました。

 

ちょっと固く考えすぎていたかもしれません。

あまりこだわりすぎるのも良くないかもしれないけど、

とりあえずは引き続き頑張ってみたいと思います。

 

今日の感想

 

その子育て支援施設のスタッフさんは、

昔は、毎日怒鳴り散らして、

家の外に兄弟まとめて締め出したりもしていたと仰ってました。

そこから、

叱らない育児法を知って、

最初はやっぱり難しかったけど、

少しずつ変わっていった 

と仰っていたので、

あまり焦りすぎず、

私も変わっていけたらな と思います。

 

子育ては本当試行錯誤ですね。

 

また何か報告する事があれば、

報告します。

 

それでは!

 

タイトルとURLをコピーしました