【年子育児】お風呂の入れ方は、子供の成長毎に変えるとスムーズに出来ます!

年子育児の覚書
スポンサーリンク

はーいこんばんはーー!!

 

年子兄弟(2歳、1歳)の母でございます。

暑い!!!

 

本日は、

年子のお風呂事情について書いてみたいと思います。

 

というのも、

自分が下の子産む前、

お風呂とかどうなるの!?

てめちゃ心配だったので!

 

あ、ちなみに、

旦那とか他の人がいたらお風呂は格段に楽になるので、

そうではなくって、

今回は一人で二人のお風呂の世話をする場合

に限定して書きますね。

 

うちでは、

子供の成長に合わせて

入浴スタイルを変えています!

 

スポンサーリンク

1:下の子の首が座るまで

320

 

まずこれが第一段階!

 

大体産まれてから2,3ヶ月ぐらいまでって感じでしょうか?

 

この段階では、

完全に別です。

 

下の子は、

キッチンシンクで、

ベビーバスで身体洗います!

 

キッチンシンクだと、

上の子の手が届かないからね。

まとわりついてきても

ノープロブレム!!!

 

で、下の子が寝ている隙とかに、

上の子と私と二人でお風呂に入る感じです。

 

平和ですね、平和!

これが一番平和ですよ!

 

お風呂入っている間、

下の子の泣き声が聞こえないか

ビクビクしますが。

 

2:下の子の首が座ってから

rubber-duck-1361271_960_720

 

この段階でもまだベビーバスでもいいと思います。

というか、個人的には、

ベビーバスのサイズギリギリまで、

使用した方がいいと思います!

(ベビーバスの使用期間は短いしね…)

 

もう身体のサイズ的に、

ベビーバスは無理かも…ってなったら、

一緒のお風呂デビュー。

 

下記の手順で入れます。

 

浅めに風呂を張る。(半分ぐらい)

 

②脱衣所に下の子を寝かす

 

③急いで上の子と自分をチャチャッと洗い、上の子を湯船へ

 

④脱衣所の、下の子の服を脱がす。

 

⑤一緒に湯船に入り、沐浴時と同じ手順で洗ってあげる。

 その間お湯を丁度いい所まで足す。

 

⑥ある程度浸かる。

 

お湯を抜いて、また半分かそれ以下ぐらいまでにする。

 

⑧上の子を浴槽に残し、下の子をあげて、サッとおむつと服を着せる。

 

⑨下の子を脱衣所に残して、上の子をあげて着替えさせる。

 

こんな手順になります。

 

①浅めに風呂を張る。(半分ぐらい)

 

上の子をお風呂の中で待たせないといけないので、

溺れ対策です。

1歳後半、2歳ぐらいになってからは、

普通にためてしまっています。

(勿論常に上の子の様子は見ます。)

 

②脱衣所に下の子を寝かす。

 

冬場なら寒いので、

おくるみや簡易の布団も一緒に敷きます。

 

③急いで上の子と自分をチャチャッと洗い、上の子を湯船へ。

④脱衣所の、下の子の服を脱がす。

 

上の子を先に湯船へ入れて待ってもらいます。

浅く湯船張ってたとしても、

5cmでもあれば溺れるとの事なので、

下の子の服を脱がしている間も、

常に上の子に声かけをして、

頻繁に姿を確認するようにします。

 

⑤一緒に湯船に入り、沐浴時と同じ手順で洗ってあげる。その間お湯を丁度いい所まで足す。

⑥ある程度浸かる。

 

お湯が少ないので、足します。

足しながら、下の子を沐浴時と同じように、

上に大きなガーゼを乗せてあげて、

洗ってあげます。

 

その後は抱っこした状態で、

ある程度浸かります。

上の子が長時間浸かるとしんどいので、

あまりゆっくりは浸かりません。

 

⑦お湯を抜いて、また半分かそれ以下ぐらいまでにする。

 

これは我が家のみかもしれませんが…

旦那はお風呂の後の掃除が嫌だから、

お風呂はためなくていいというので、

贅沢にも私達だけが一番風呂に入って、

そのままお湯を流してしまいます。

 

で、ここでも出来るだけ危なくないように、

お湯を減らします。

 

⑧上の子を浴槽に残し、下の子をあげて、サッとおむつと服を着せる。

 

ここはスピード勝負!

できるだけサッサとやります。

(冬は寒いし)

そして、着せている間も常に上の子に声かけと、

姿確認を忘れないようにします。

 

⑨下の子を脱衣所に残して、上の子をあげて着替えさせる。

 

下の子を脱衣所に残しますが、

冬場はおくるみ、布団等でちゃんと防寒します。

ドアの下から冷たい空気が入ってくるんですよね。

 

上の子をあげて、着替えさせます。

脱衣所が寒いので、

おむつと下着だけサッと着せて、

後は皆で温かいリビングへ移動し、

そこでゆっくり残りの着替えをさせました。

 

 

こんな感じで。

上の子が待機の時間が長くなってしまうので、

待たせている時間が出来るだけないよう、

下の子の脱衣と着衣をどれだけスピーディーにやるか

が勝負(なんの)だと思います。

 

3:下の子がズリバイ、ハイハイで移動できるようになったら 冬編

onsen_capybara

こうなってくると、

色々ややこしいんです。

脱衣所で下の子を待たせていると、

脱衣かごを引き倒したり、

洗濯機のホースをなめまわしたり、

洗濯機の排水パンをあけようとしたりと。

 

なので、全員一緒に裸になって入ります。

 

後は時間との勝負。

 

子供は各々好きに動き回ってるので、

一人ずつ1分もかけずにサッサと洗って、

自分の身体は更に適当に、

30秒ぐらいでちゃちゃっと洗って、

3人揃って浴槽へ。

 

ちなみにシャワーは基本つけっぱなしで、

上の子、下の子と交互にかけてあげます。

 

あまりに寒い日とかは、

浴室暖房を入れて多少温めておいたりはしました。

 

後、上記の手順の中で異なるとしたら、

うちの場合、

下の子がハイハイできるようになった時には

上の子は1歳後半になっており、

何でも自分でやりたがる時期が始まってました。

 

着替えも自分でやりたがります。

 

なので、それを利用して、

お湯の量を減らした浴槽に、

下の子を残し、

先に上の子をあげて、

おむつと下着だけ履かせて、

シャツとズボンを持たせて、

一人でリビングに向かわせます。

そこで試行錯誤しながら

一人で着替えをさせました。

 

ささっと自分も下着だけ履いて、

すぐに下の子もあげてリビングへ行き、

下の子の着替えをさせたら、

上の子の着替えの手伝いをしてあげる…という感じで。

 

これなら、

下の子を浴槽で待たせる時間も、

最小限に抑えられます。

 

だから、手順としては、

 

①浅めに風呂を張る。(必要に応じて浴室暖房かける。)

 

②3人一緒に入る。

 

③急いで上の子、下の子、自分とチャッチャと洗って湯船へ。

 

④ゆっくり浸かる。

 

⑤お風呂の湯を抜いて、半分かそれ以下ぐらいまでにする。

 

⑥下の子を浴槽に残して、上の子をあげる。

 

⑦上の子におむつと下着だけ履かせて、残りの服を自分で持たせて、

 温かいリビングへ向かわせる。

 

⑧自分も下着を履き、下の子をあげて、自分たちもリビングへ。

 

⑨下の子の着替えをさせて、上の子の着替えも手伝う。

 

こんな感じでした。

浴槽に入るまでがスピード勝負です。

 

4:下の子がズリバイ、ハイハイで移動できるようになったら 夏編

animal_ofuro

 

正に今!

 

今は下の子は、ズリバイ、ハイハイが終わり、

歩いている段階ですが手順は同じ。

 

今は正直、

寒くないのであまり神経質にならず、

普通に全員脱いでお風呂場に入って、

落ち着いて洗って浴槽へ入ります。

 

最近は暑いのでお風呂を溜める回数も減ってきて、

シャワーだけで済ませてしまう事も増えたんだけど、

その場合も、

先に長男の身体を拭いておむつと下着を履かせる時には、

下の子は浴槽の中でシャワーやら桶やらで遊びながら

待ってもらいます。

 

長男は、

ズボン履きの成功率が上がってきているので、

最近はシャツまで私がサッと着せて、

ズボンだけ持たせてリビングに先に行かせると、

ちゃんと自分で履いている…てな事が増えました。

 

まとめ

 

上記の通り、

うちでは下の子が0~1歳までの間の

成長に合わせてお風呂スタイルを変えています。

 

・首が座る前はベビーバスで別々に。

 

・首が座ったら脱衣所で待たせて、

 上の子が洗い終わったら、

 下の子も浴室に入れてお風呂で洗う。

 

・ハイハイ等移動ができるようになったら、

 浴室に3人揃って入る。

 ただし冬場は寒いので、

 急いで身体洗ったり、

 浴室を温めたりする。

 

こんな感じです。

 

正直私のやり方がベスト!

とは思わないですし、

お子さんや、家の構造や、

家族構成等でも変わると思うのですが、

少なくとも、

ウチでは上記の手順で、

問題なくお風呂を入れられてます。

 

でも、

やっぱり二人まとめてのお風呂はしんどいです…!

 

今は夏ですし、

大分楽になったんですが、

それでもお風呂入る前は、

しんどいなーやりたくないなー

とかなっております。

 

もうちょい下が成長したら、

もっと楽になるであろう事を期待して!

 

 

そんなこんなで、

我が家の年子のお風呂事情でございました!

長々と失礼しました!

 

 

タイトルとURLをコピーしました