【パルキッズ プリスクーラー口コミ】約1年半取り組み中!かけ流しとオンラインレッスンの効果や良い点・微妙な点を書いてみた

英語教育(おうち英語)
スポンサーリンク

こんにちは!

前々回、前回と
英語のインプットやアウトプットの話をしました。

今回は、
我が家がメインのインプット教材として使っているパルキッズ プリスクーラー
実際に1日の中でどんな風に行うのかと、
やってみて良いと思った点、
微妙だと思った点をまとめてみましたー!

スポンサーリンク

パルキッズ プリスクーラーとは

聞き流し用のインプット教材です。

30分前後の音声が入っている一つのCD(今は音声ファイル)を、
毎日約90分1か月 × 2年間 やります。
(90分というのは、子供が日本語を習得する際に、毎日家庭で耳にする日本語の1日の平均時間らしいです。)

月を追うごとに聞き流す内容のレベルは段々上がっていきます。

我が家では、朝起きて朝食の準備を始める時にCDのスタートボタン押します。
で、朝のうちに大体2回(1時間ぐらい)聞いて、
幼稚園から帰ってきて1回っていう感じでやってます。

で、夜、歯ブラシをした後にオンラインレッスンをやらせていますね。

良い点

・ストレスを感じず自然と英語に触れている
・親の負担が少ない
・兄弟も一緒に耳に入れる事が可能
・オンラインレッスンが一つの楽しみに
・相談掲示板がすごい!

ストレスを感じず自然と英語に触れている

例えば毎日90分間必ず集中して、英語の何かしらのアクティビティを取り組ませる…ってなると
結構ハードだと思います。
場合によっては、「英語はもう嫌!嫌い!」ってなってしまうかも。

そういう意味では、
好きに遊んだり、ご飯食べたりしながらBGMとして自然と耳に入ってくるから、
全く子供のストレスにはなってないと思います。

心配な点として、
そんな状態でちゃんとインプットになるの?って思う人もいると思うんだけど、
意外とね、内容聞いてますよ。別の事やってても。
Toshioっていう男の子の会話物語が毎回あるんだけど、
私の方が内容聞いてなくて、「トシオこれ何してんの?」って食事中の長男に聞くと、
「スーパーに行ってるんだよ。スキヤキを買ってるんだよ」とか、
その時流れている内容を言ってくれたのでビックリしました。

そういえば、
私実は小学校3年~中学2年までイタリアのミラノに、親の仕事の関係で住んでた事があります。

ただ、日本人学校に通っていたので完全に日本語の環境下にいたのと、
何処か出かけるのも誘拐されたり危ないとかで、必ず親と一緒に出掛けていて、買い物も親が全てやりとりしていたので私自身は全然喋れません。

で、日本に帰国してから20年経った今、
テレビでイタリア語が聞こえてくると、
めっちゃ懐かしい気持ちになって、
なんとなく言ってる事が分かったり、
意味ははっきり分からなくてもニュアンスは分かったりって事が結構あります。

あの時私はテレビの音だったりとか、
街ゆく人や親が買い物をしている時の会話を、
別に集中して聞いていなくても、自然と耳に入れていて、
それが記憶の中で積み重なっていたんだなって思います。
(アウトプットしなかった事が悔やまれる!)

まあ私の事は置いておくとして…
要はずっと集中して聞いていなくても、
音が耳に入るだけでも記憶の中にちゃんと蓄積していくものなんだって事です。

親の負担が少ない

前回も書いたけど、
親がやる事は、
「CDのスタートを毎日3回押す事」
「オンラインレッスンの画面をスマホで用意してやらせる」

これだけ!

あ、本当はプリントとかプリントアウトしてやらせたりした方がいいんだろうけど、
面倒でやってません。あはは。(適当)

いや、でもこの中で一番大事な作業は
「CDのスタートを毎回3回押す事」
これだからね。(今はスマホで音源をポチッてすればいいのかな)

自分で聞き流しさせるものを選んでた時期は、
毎日本当にこれでいいのかなーって不安だったり、
余計な時間を使ったりしていたけど、
これはもう専門家がちゃんとレベルに応じて内容を考えてくれて作られているものだから、
色々うだうだ考えずにお任せできて安心。

兄弟も一緒に耳に入れる事が可能

兄弟が多い程お得な感じする。

一番大事なインプットを兄弟一気に出来るもんね。
オンラインレッスンは一人だけで兄弟は追加を購入する必要があるけど。

オンラインレッスンが一つの楽しみに

オンラインレッスンってオンライン英会話とは違いますよ。

スマホとかPCの画面で、フラッシュカードが出てきたり、
聞き流している単語の選択問題が出てきたり。

今調べてみたらどんな感じか体験できますね。→ オンラインレッスン体験

これをね、子供はすごい楽しみにするんですよ。

普段スマホを触らせないので物珍しいからかもしれないけど、
スマホを渡して自分で操作させるので、喜んでやります。

ちなみにこれは長男5歳の成績。

正答率、読む力、聞く力は結構上がってきてますね。

オンラインレッスンが終わった後に、
アルファベットをなぞり書きさせる練習ページをする事が出来るんですが、
それも子供は楽しみにやっています。
スマホとかタブレットとかだと指でスマホ画面をなぞってアルファベットを書くんだけど、
小さい画面でもよくまあ器用にやるなあと感心しながら見てます。

ただ不安定だったり、感度も微妙な時があるので
小さいスマホでやらせるよりも、
アルファベット練習のプリントをプリントアウトしたり、
大きいタブレットとかでやらせるといいと思います。

相談掲示板がすごい!

掲示板、すごいですよ。

昔ながらのツリー形式掲示板なのはちょっと気にはなるけど笑

パルキッズユーザーさんが疑問に思った事とか、
悩んでる事とか、今後どういう風に勉強していけばいいかとか、
色んな事を書き込んでそれに対して、
児童英語研究所の相談員さんが返事をくれます。

それがまたすごい細かく返信くださるんですよ。
めちゃくちゃ丁寧。親切。
しかもフレンドリー!

私は書き込んだ事はないんだけど、
この掲示板読んでるだけですごく勉強になるからたまに読んでます。

多分おうち英語していると、色々疑問に思う事ってあると思う。
このやり方でいいのかな?
これで本当に身になってるのかな?とか。
それを聞きたい時にすぐ聞ける、
それに対してバシーっと不安を解消してもらえるっていうのは心強いと思います。

ご紹介したいけど、これは会員専用ページみたいなので断念。

パルキッズ始められる方は是非この掲示板を覗いてみて、
いくつか気になる質問と解答をご覧になられる事をお勧めします!

微妙な点

・オンラインレッスン後のアルファベット書き取りコーナーが不安定
・オンラインレッスンREVIEW時のちょっとした不満
・アウトプットが弱い

オンラインレッスン後のアルファベット書き取りコーナーが不安定

上にも書いたんだけど、
オンラインレッスンの後にアルファベットをなぞって書かせるコーナーがあるんですが、
それがスマホで操作してるとたまに不安定。
指をあてた所と少し違う場所に鉛筆が走ったりとか、
画面を広げてみたら戻れなくなっちゃって、画面リロードしたらその日のレッスン最初っからになっちゃったりとか。

ただ、小さいスマホでやってるのでこういうトラブル起こるのかも。
パソコンとか、大きなタブレットとかでやったら印象違うのかもしれません。

オンラインレッスンREVIEW時のちょっとした不満

オンラインレッスンは30日中最後の10日間はレビュー(復習)になって、
レッスンの内容が少なくなります。
ボキャブラリーのフラッシュカード読み上げと、2択問題。

普段はそれ以外にもToshioの1日の選択問題があったり、
色々盛り沢山なのにレビューになるとボキャブラリーだけになるのはちょっと寂しい。
個人的にはレビューはレビューでいいので、
Toshioのレビュー入れたりとかもう少しボリューミーにして欲しいなと。

後は、上にも書いたレッスン後のアルファベット書き取りコーナーがレビュー時はないのが、
子供はいつも残念がります。

え~今日もレビュー?とか言われちゃいます。

アウトプットが弱い

1日5分程度のオンラインレッスンをアウトプットとして位置づけているようなのですが、
個人的にはこのオンラインレッスンだけだと弱いかなーと思ってます。

言語はやっぱりコミュニケーション取ってこそだと思うし、
相手に伝えたい!って気持ちで実際に口に出してみるのと、
ただ画面に出てくる物を指で選択したり、
暗唱するのではかなり違うと思います。

アウトプットとしては、
コミュニケーションを実際に取る…英会話スクールだとか、オンライン英会話とかが効果的だと思います。

まとめ

そんなわけで、色々書いたけどインプット教材としては我が家ではパルキッズを一番お勧めします。

毎日CDのプレイを押す度に、
あーこれがちゃんとこの子たちの何処かに蓄積していってるんだなーって思って嬉しい気持ちになるし、
今我が家は3人子供がいるので、3人同時にインプットできるのもいい。

最近次男がオンラインレッスン追加で始めて、Year1・Step1からやってます。
更に長男はReading教材のI Can Readも始めました。
またこちらは続けてみてから感想を書きたいと思います。

ちなみに、資料請求すると教材のサンプルCDとか、
オンラインレッスン体験が7日分出来るみたいです。

後、どの教材から始めればいいかわからない!って方は、
教材選び用の掲示板もあるので、
そちらで質問されるのもいいと思います!

ではでは、また!

タイトルとURLをコピーしました