【迷言】兄2歳のおしゃべり~大きな大きな…

日常
スポンサーリンク

こんばんは!

 

じめじめしてますねー、

梅雨ですねー。

こういう時パワフルで元気なお子さんのいらっしゃるママさん達、

公園にも行けないしどうしてらっしゃるのかしら。

 

さて、

2歳を超えて、

ちょっとずつ喋れる単語が増えてきて、

2語文、3語文も喋れるようになってきた長男マウリツィオ。

そんな彼が、最近、

絵本の「大きなかぶ」の影響だと思うんだけど、

 

「大きな大きな○○」とよく言います。

 

「大きな大きなでんしゃ」

「大きな大きなバナナ」

「大きな大きなじどうしゃ」

「大きな大きな木」 etc…

 

また、この言い方もすごい感慨深げで、

ゆっくりとした口調で、

「おおーーーきな、おおーーーーきな」と言われると、

「ああ、うん、そうだよね、大きいよねぇ」

なんだかしみじみ感じてしまいます。

 

本日、

家のドアの前で、

ドアノブを指さしながら、

また「おおーきな、おおーーきな」と言い出したので、

内心『大きなシリーズきたー!』と思っていたら…

 

006

 

…………。

 

………何が?

 

感慨深げに

「おおーきな、おおーきな、おっぱい」と、

真っ直ぐな目でこっち見られても。

同意を求められても。

母には分からないよ!

おっぱい要素は何処なのよ、一体…!

 

子供は不思議が一杯。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました