【お家(おうち)英語】失敗談と成功談!我が家のインプットのやり方をご紹介

英語教育(おうち英語)
スポンサーリンク

前回、英語教育で必要なのは
一杯一杯耳から聞くインプットと、
発話するアウトプットであるという話をしました。

2、3歳から英会話スクールに通えば話せるようになる?それとも意味ない?スクールの効果的な通い方
実は昔、英会話スクールで6年ほど働いてました。 受付業務と、 日本人講師として。 学生時代のアルバイトだったものの、 家族経営の小さなスクールだったのもあって、 経営に関する事も関わらせてもらいました。 色んな生徒さ...

今回、
私が自分の子供に、家で英語のインプットをさせるにあたって、
色々試行錯誤した事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

インプットの失敗談、合わなかった事

Tumisu / Pixabay

長男が3歳になってすぐに、
とにかくインプットとして英語を聞かせよう!と思い、
色んなブログを読み漁っては試しました。

そんな中で自分は合わなかったなー続かなかったなーと思った事を並べてみます。

英語で語り掛け

私が英語で話しかけるわけです、子供たちに。

バイリンガル育児に成功されているお母さんのブログで読んで、
別にネイティブじゃなくても出来る、との事だったので
やり始めてみました。

でも完全に正しいと確信のある英語しか話しかけなかったから、
大した事は話しかけていないんだけど。

そのうち、長男には
「英語やめて」と拒否られるようになり断念。

後から考えてみたらやめて良かったなと思います。

私が完全なバイリンガルで、
英語のニュアンスを日本語レベルで理解しているならやってもいいと思うんですけど、
そこまででもないのならばやる必要もないかなと。

こっちもしんどかったし。

ひたすら英語のアニメ

まずトトロの英語版を購入して見せてみました。

英語でも食いつき良し!
メイが小さいトトロを追いかけるシーンとかは兄弟大爆笑。
ただ1日1回見せるには時間が長すぎるし、
大体1週間ぐらいで飽きた気がします。

次に、
イギリスの人気アニメ Peppapigが子供にウケが良かった!
というブログを読んでは、
Peppapigを子供に見せてみたんだけど、
まーうちの子は食いつき悪い悪い…

全く興味なし。

今人気出てきましたよね!HULUとかにもあるし。

食いつくお子さんが多いのかな。

ポケモンとかドラえもんとかの英語バージョン見せてみたり、
色々したけどどれもあまり食いつきがよくなくて、

テレビばっかり見せてしまっていたし辞めちゃいました。

 

お高い絵本を買う

絵本の多読が言語習得に良い!と見れば、
Oxford Reading Tree 通称ORTという絵本の
Stage1 First words と More first wordsを購入しました。

薄~い本ですよ。
薄い本が6冊でCD付3000円強します。

このCDをひったすらインプット用にリピートしてましたね。

ステージは9まであって、
ステージ内でもいくつかの項目に分けられています。
で、一つの項目に3000~6000円ぐらいの金額がかかると。

うーーん金額を考えると、
多読するにしてももっと他の本でもいいんじゃ?

と色々考えてしまってそれ以降は購入しておらず。

メルカリとかで中古結構出てますね。
中古も全体的に相場はお高め。

 

成功談、合ってたなと思う事

TeroVesalainen / Pixabay

次に、今も継続出来ていて、

良かったなと思うものを紹介します。

パルキッズ

前回の記事にも書きましたが、
これがうちのメインインプット教材です。

やり方は、
30分前後の音声や歌が収録されているCDを、
1日3回(90分前後)かける。

これだけです。
別に子供は聞いてなくてもいいし、
別の事に集中しててもいいんだそうです。
とにかく耳に入れる事が大事なんだと。

この、90分というのは、
子供が日本語を習得する際に、
毎日家庭で耳にする日本語の1日の平均時間らしいですよ!
勿論家庭にもよるんでしょうが。

あ、私の時はCDだったんですけど、
今はCDではなくなってますね。
音声ファイルみたい。

スマホから流すのかしら。

我が家では、この聞き流しを大体朝幼稚園に行くまでの間に3回聞かせてしまいます。
出来なかったら幼稚園帰宅後、夕食の時とかにラストの1回を。

で、夜になったらオンラインレッスン、
CDの内容に関するフラッシュカードや選択問題とかをスマホで毎日1つずつ、大体5分程度のものをやらせます。

親がやる事は、

1:CDプレイヤーのスタートを押す
2:スマホでオンラインレッスンのサイトを開いて子供にやらせる

のみなので、かなり楽です。

またパルキッズに関しては、
細かく書きたいと思うのですが今回はこのぐらいで。

資料請求したら、CDのサンプルや、
オンラインレッスンの体験が出来るみたいです。

洋楽タイム

実は寝る前に、
「マイケルタイム」と我が家では呼んでいるのですが、
洋楽を3曲程youtubeで見せています。

元々は、私の父が車でマイケルジャクソンを聞いていて、
それに興味を持った長男の為に、
マイコーのPVを見せたのが始まりです。

今は寝る前の絵本に並んだ習慣の一つで、
色んな洋楽を聞かせてます。

色々見せたけど彼らがハマッたのは、
マイケルジャクソン、BECK、ビートルズ、Tears For Fears、ディズニー、Gogol Bordello等…

たまに子供に見せたくないような刺激的なPVとかもあるので、
事前にチェックの必要あり!

マイケルのSmooth Criminalは一番始めに子供がハマッて、
毎日自分たちで踊ったり歌ったりしてた曲なんだけど、
途中でマイケルが人に向けて銃を撃つシーンがあるので、
その前後だけ絶対PVを飛ばすようにしてます。

音楽はいいですよね。
言語が自然とリズムに乗って入ってくるので。
子供たちが気に入った歌は、
意味がわからなくても歌ったり踊ったりします。
聞こえたまま歌うので、
ちゃんとした言葉になってない事もあるんだけど気にしない!

需要あるのかわからないけど、
子供がハマッた洋楽PVとかで、またまとめてみたいと思います。笑

洋楽以外の子供向けソング

いかにも子供向けな音楽だけでなくて、
聞いてみたらすごい本格的な曲があったりして面白いです。

フォニックスやABCは、
下記の曲で結構覚えてました。

単純な数とか色とか…単語を覚えるにはいいと思います。

最近は長男が恐竜にハマッた事から、
恐竜ソングにもはまりました。
全然グロくなくてアニメは可愛いんだけど、
曲が本格的ですごいです!

 

まとめ

思えば最初は躍起になって色んな事をやっていて、
それが故に、英語英語英語!って英語ばっかりになってしまってました。
テレビ観る時間がやたら長くなっちゃったり。
望んでいた英語育児のやり方じゃなかったなって思います。

今は、必要最低限の作業で、
最大限に効果が得られるように自然に毎日英語に触れているので、
親にとっても子供にとっても無理がなくて、
すごく良い環境なんじゃないかと思います。

子供たちには別に何も強制していないので、
英語を拒否したりとかも全くなくて、
ただ自然と流れてる音、言語として受け入れてるみたいです。

いざオンライン英会話を始める時も、
普段聞きなれてるからか結構最初からスムーズでした。

そんな感じで今日はここまでにさせてもらおうかな。

全然関係ないけど、
最後に発音のいい長男から一言、
「(ピコ太郎の『みんなの歌』)寿司の歌は、Can you see?の所が「シー」って言ってて変なんだよ」


だそうです。

それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました