虫を怖がっていた2歳児、3歳を目前に虫への恐怖心はどうなったのか?

日常
スポンサーリンク

去年の8月、

2歳5か月の長男が、虫嫌いになりつつある旨をご報告しました。

 

虫恐怖症の私の息子は、やはり虫恐怖症に?どうやって克服すればいいのか悩む。
こんばんは! こんな夜中なのになんとなく更新… 夏ですね。 8月ですもんね。 でも既に、 木の周りやら道に、 セミさんの死骸が結構転がってませんか? 夏はこれからだっ...

 

半年以上過ぎて、

3歳を目前に、虫嫌いはどうなったかご報告します。

 

先に結論から言うと、

悪化してます。

 

スポンサーリンク

先日あった出来事

 

先日、

外出から帰ってきた時に、

子供達だけをリビングに入れて、

私は自分のコートを寝室に置きに行った、

そのちょっとした間に…

「ああああああああああああああああああああぁぁああ」

というただ事じゃない悲痛な叫び声がリビングから聞こえました。

 

声の感じからして、

ただ事ではない叫び方、泣き方だったから、

『何か怪我をしたんじゃないか!?』と思い、急いでリビングへ。

 

リビングでは、

長男が、ソファの上で膝を抱えて大泣き。

パッと見どこか怪我をしているわけではなさそうなので、

何があったのかと問いかけると、

何かを言おうとするけど泣き過ぎて何が何だか分からない。

やり取りを繰り返すうちに、やっと聞き出せた単語が、

 

「くもさん」

 

ああ、クモが出たという事か。

 

「何処にいたの?」

と聞くも全く質問には答えてくれず、

ひたすらリビングのドアを指さして、

「逃げさして!」「逃げさして!」と泣き叫んでいます。

 

探し回るも肝心の蜘蛛が見つからない。

長男は狂ったように

「逃げさして!」と大泣きしながらドアを指さす。

 

ふと、

長男が乗っているソファの前に、

5㎜ぐらいの小さい黒い毛玉が落ちている事に気付きました。

 

それを拾い上げると、

ぎいいやあああああああ~~~!!

と一層激しく泣く長男。

 

コレかよ。

 

これは虫じゃないよ~と説明して、

なだめてなんとか落ち着きましたとさ。

 

この時は、

全く~本当に怖がりだな~で終わったんだけどね……。

 

次の日

 

ママ友さん達と約束をしていたので、

急いで出かけないと!!っていう時に、

またもや同様の事が起こりました。

 

私が準備の為にバタバタしてて、

リビングから離れた時に、またもやリビングから

イヤアアアアアァアアアァアアア!!と甲高い叫び声が。

そして、激しい泣き声と「逃げさして逃げさして」

 

リビングに戻っても何もいないし、

何処にいるのか、

何がいたのか 聞いても地団駄踏んでよくわかんない言葉と、

「逃げさして」と言うだけ。

今回は毛玉も見つからないし、

長男は泣くばかりでもーーーカオス!!!!!

 

どんなのがいたのかとか何度も何度も聞いてたら、

クモさんがいたとか、ゴキブリさんがいたとかコロコロ言う事変わるし、

写真で、クモ見せてもゴキブリ見せても、

「これがいた」って言うし…

私自身虫が、そして孤高の黒い貴公子(G)が怖いので、

「いた!」「逃げさして!!」と激しく子供が泣くのに、

何処にもそれらしいものがいないっていうのが余計に恐怖を煽ってきて背筋ぞわぞわしてくるし、

ていうかもう外出しないといけないのに全然長男がそんな状態じゃないしで…

 

15分以上私がうろうろ探し回りながら、質問しながら、

子供は大泣きしながら、質問に答えたり答えなかったりしてたんだけど、

結局見つからなかったので、

なんとかいない事を分かってもらうように

長男を説得してなだめてやっと落ち着いて、

家を出る頃には予定していた時間よりも大幅に遅れてしまい、

私ももう出かける前からドッと疲れてしまった。

 

これから…

 

結局それ以降も、クモもGも見かけてないので、

長男が何を見てあんなにパニック状態になっていたのか分からないんだけど、

これからも彼が虫を見るたび、

むしろ見てなくても何かを虫と勘違いするたびに、

あんな状態になったらしんどいなあ…

出かけたい時とか本当に困るし。

 

ていうか本当にもう、

手が付けられないぐらい異常な泣き方、

怖がり方なんですよ。

 

虫だけでなくて、

追いかけるのが大好きだった鳩さんとかも、

最近は何故かすっごい怖がって近寄ろうとしないし、

この怖がりクンは、

どうやって虫嫌いを克服していけばいいのかなー。

 

とりあえず、

いつ何が出てきてもいいように、

虫とり網とムシカゴも買いました。(何故)

 

また様子見てみます。

タイトルとURLをコピーしました