【2歳児の成長】テレビ見て、悲しくて泣く息子にビックリ

日常
スポンサーリンク

ちょっとびっくりした話。

 

ドラえもんを母子で一緒に見てました。

 

ストーリーの概要としては、

紙に絵を描くと、

それがそのまま(紙のまま)動き出してペットになるというドラえもんの道具で、

のびたが、犬?なのかワニなのかよくわかんない絵を描いて、ペットにします。

名前はワニー。

そのワニーと仲が深まったり、

すれ違ったりする所を色々と描きながら、

物語の後半では、川で溺れてしまったのびたを、

ワニーが…紙だから水が苦手なのにも関わらず、

助ける為に川に入ります。

 

結局それでワニーは力尽きてしまう…というようなストーリーで、

のびたが今までの事を後悔して、謝りながら号泣します。

最後の最後は希望のある終わり方になるんだけどね。

 

まあそんなこんなで…

そんなストーリーだったもんで、

私はちょっとほろっと来てました。

 

観終わった後、

あーいい話だったな…と、ふと長男2歳11か月児を見ると、

彼も口をへの字にして、

目に涙一杯溜めてふるふる。

 

ええーーー!!!

と、ビックリして、

「どうしたの!?泣いてるの!?」と聞くと、

 

長男、「ワニーがいなくなったから、泣いてるの」と震える声で一言。

 

ちゃんとストーリー分かってた!!

 

自分とは全く無関係の何かを見て、

悲しく思ったり感動したり?っていうのが、

2歳の段階でも起こるのか…とびっくりした。

これも成長なのかなあ。

 

ちなみに今回見たのは、

「ペットペン」って話です。

amazonのプライムビデオにありました!

普通に大人も感動したいい話でした。

タイトルとURLをコピーしました